LINEの送信取り消し機能を詳しく解説!メリットとデメリットは?

LINEアプリは、今年の12月以降に新機能の追加を発表した。

その追加機能とは、メッセージ送信後でも取消ができる機能です。

LINEアプリを使っている人なら一度は、送信後のメッセージを削除ができないか機能を探した人も多いと思います。

今回は、LINEの送信取り消し機能を詳しく解説していこうと思います。

そしてメリットとトデメリットについてもお届けします。

 

LINEの送信取り消し機能を詳しく解説!

出典:ケータイ Watch

今までの、LIENメッセージは自分のトークルームからは、削除する事ができるのですが、送信相手のメッセージまでは、削除できず残ったままだった。

今後は、送信取り消し機能が追加され24時間以内に限り相手に送信したメッセージが削除できる機能が追加されるようです。

機能の詳細は、実装される際にあらためて案内されるようですので、楽しみに追加機能の開始を待ちましょう。

 

メリットとデメリットは?

メリットは?

送信相手を間違ってメッセージを送っても取消できることでトラブルの防止ができる。

そして誤字脱字のメッセージを送った後で気がついたら削除できるし、作成途中のメッセージを送っても削除すればいいので、今後安心してスマホ操作ができる。

 

デメリットは?

相手からもらったメッセージが消えてしまうことがある。

削除機能があるとメッセージを送った送ってないのトラブルになる。

 

まとめ

LINEの送信取り消し機能を詳しく解説しメリットとトデメリットについて、お届けしましたが、いかがだったでしょうか?

LINEアプリを使っている人なら一度は、送信後のメッセージを削除ができないか機能を探した人も多いと思います。

今後、もっとLIENアプリは機能が進化し利用者にとって、より便利になっていくと思います。

LIENで親や兄弟・友人と繋がっています。

自分の事をもっと知ってもらうためにもメッセージを送ってみましょう。