中島美嘉が雪の華を歌うのが怖い理由や映画の内容は?

歌手の中島美嘉さんのヒット曲「雪の華」が同名の映画になって今、話題を呼んでいます。

「雪の華」はヒット曲でテレビやラジオでも多く放送されて聞かれて知っている方も多いと思います。

今回、同名の映画がや2月1日に公開されます。

中島美嘉さんが「雪の華」を歌うのが怖いと発言しているようですが、なぜなんでしょう。

今回は、「雪の華」を歌うのが怖い理由や同名の映画の内容についてお届けします。

スポンサードリンク

 

中島美嘉が雪の華を歌うのが怖い理由

 

View this post on Instagram

 

中島美嘉さん(@mikanakashima_official)がシェアした投稿

中島美嘉さんが歌う雪の華の曲は、冬の情景を表したラブソングです。

歌の歌詞から感じられるのは、「愛してる」など幸福感あふれる言葉が並ぶが、寂しく悲しい気持ちも感じられ「雪」はいつかは解ける「はかなさ」も感じる。

中島美嘉さんは雪の華の曲を「幸せ」と「切ない」と捉える内容のどちらも歌えるようです。

ですが、「皆さんがよく知る曲なので期待は裏切れない。歌うのが今も怖い」と言う。

映画の「雪の華」のプレッシャーを感じているのかもしれませんね。

 

雪の華の映画の内容は?

中島美嘉さんのヒット曲「雪の華」をモチーフにした映画のようです。

主演は登坂広臣さんと中条あやみさんが描くラブストーリー。

余命1年を宣告されてしまった平井美雪(中条あやみ)には、2つの夢があった。

一つ目は、両親が出会ったフィンランドの地でオーロラを見ること。

2つ目は、人生で初めての恋をすること。

2つの夢があった。

ある日、ひったくりに遭った平井美雪は、ガラス工芸家を目指す綿引悠輔(登坂広臣)に助けられます。

兄弟を1人で養っていた綿引悠輔(登坂広臣)は、働いている店が危機に陥っていた。

そのことを知った平井美雪は店を助けるために、条件をだす。

100万円を支払う引き換えに、1カ月限定の恋人になってほしいと持ちける。

切なさと幸せといじり混じりのラブストーリーのようです。

 

橋本光二郎監督代表映画

  • 羊と鋼の森
  • orange オレンジ

 

岡田惠和脚本代表映画

  • いま、会いにゆきます
  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話

 

皆さんは、突然急に期限付きの1か月限定で恋人になって下さい言われたら、どうしますか。

スポンサードリンク

 

まとめ

今回は、「雪の華」を歌うのが怖い理由や同名の映画の内容についてお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

中島美嘉さんが歌う雪の華の曲は、冬の情景がイメージできますね。

歌うとなると「幸せ」と「切ない」と捉える内容のどちらも歌える曲のようですので、難しく感じますね。

特に映画の主題歌になとプレッシャーを感じることもあると思います。

雪の華をモチーフにした映画を楽しみにご覧ください。

今後も中島美嘉さんの活躍を期待しみんなで応援しましょう。

スポンサードリンク

 

こちらの記事もおすすめです。

中島美嘉と清水邦広が離婚した原因や理由は?2人の間に子供は?

2018.02.04